2021年3月9日、惜しまれながら逝去した伝説のドラマー・村上“ポンタ”秀一。日本の音楽シーンに与えた業績を称え、村上がドラマーとしてデビューしたバンド、赤い鳥の名演奏『翼をください』が、ソニー・ミュージックオフィシャルYouTubeにて、4月17日より1か月間期間限定無償公開中です。

村上”ポンタ”秀一さん yakumoxBB


1972年、村上“ポンタ”秀一は自身のキャリアを赤い鳥のドラマーとしてスタート。
本映像は2015年9月28日、東京Bunkamuraオーチャードホールでアルファミュージックの創設者であり作曲家の村井邦彦の古希(70歳)を記念し、松任谷正隆の構成・総合演出によって行われた「アルファミュージックライブ」でのパフォーマンス。
ライブでは、『翼をください』の作曲者である村井邦彦のピアノ、ボーカルには赤い鳥(紙ふうせん)の後藤悦治郎と平山泰代。さらには赤い鳥のギタリスト大村憲司の息子・大村真司、ティンパンアレイのドラマー林立夫の息子・林一樹、そして小坂忠の娘Asiahというアルファミュージックの遺伝子を継ぐ次世代のミュージシャンが参加。
そして村上さんがドラムを演奏した最期の『翼をください』となりました。

撮影:三浦憲治 yakumoxBB


本映像の公開は4月17日(土)~5月16日(日)までの期間限定無償公開。
多くのファン、そしてミュージシャンから愛され慕われた村上”ポンタ”秀一のビートを本映像で感じたい。